Loading…

Technical intern trainee外国人技能実習生

Technical intern trainee外国人技能実習生

優秀な外国人技能実習生と企業様を結ぶ

外国人技能実習制度とはInstitution

技術や知識等を開発発展途上国への移転することで、途上国の経済発展を担う「人づくり」への貫献です。

外国人技能実習制度とは、我が国が先進国として国際社会との調和や発展を図っていくため、技能・技術・知識等、開発途上国への移転することで開発途上国の経済発展を担う「人づくり」に貢献することです。 「技能実習法」に基づき、最長で3年間、技能実習生が雇用関係を結ぶことで日本の産業・職莱技能を修得・習熟することが目的です。

技能実習生受入れの方式System

技能実習生受入れの方式

企業巣独型受入:全体の約 3%
企業団体管理型:全体の約97%

受入方式には、企業単独型と団体監理型の2つのタイプがあります。技能実習生は入国後に、日本語教育や技能実醤生の法的保護に必要な知識や講習を受け、日本企業の雇用関係の中で実践的な技能·技術・知識等の修得を図っていきます。

外国人技能実習生受入メリットMerit

外国人技能実習生受入メリット

Point1技術継承日本の優れた技術を東南アジアの人たちに継承することができます。
Point2職場活性意欲ある実習生が活気を与え、既存社員の労働意欲向上、作業効率化を促進します。
Point3国際貢献技術や知識を実習生に与えることで出身国の経済発展を促す国際貢献となります。
Point4海外進出受入企業の海外進出の足がかりとなり、グローバル戦略の促進につながります。
Point5企業活性企業に新たな労働力が加わり、企業自体の活力が生まれ活性化されます。

技能実習区分・在留資格Schedule

>技能実習区分・在留資格

技能実習生は内定から入国まで3~5ヶ月間、母国にて日本語修得に励みます。入国後、協同組合が実施する集合講習を受講し、企業配属となります。入国後は最長10年(技能実習5年、特定技能1号5年)実習することが可能です。
実習継続のために定期的に技能検定試験に合格する必要があります。登録支援機関を通し、特定技能ピザを取得した外国人労働者は受入企業とのスキームを構成することで5年の延長が可能となります。

ウッドアグリ協同組合Wood Aguri Business Cooperative

組合名
ウッドアグリ協同組合
住所
〒889-3153 宮崎県日南市萩之嶺654-1
電話
0987-67-0033
FAX
0987-27-0004
代表者
代表理事 鈴木重尚
事業内容
外国人技能実習生の共同受入事業
外国人技能実習生共同受入に係わる職業紹介事業
組合員のための共同購買、斡旋
受入国
ベトナム、 カンボジア、インドネシア、 ミャンマー
許可
認可外国人技能実習機構 許可番号 許1913000368
許可年月日 令和2年8月6日
大阪支部
〒590-0957大阪府堺市堺区中之町西1丁1-30 JFFビル(ジェイジェイエフシステムズ株式会社内)
電話:072-247-8530 FAX:072-247-7504
支部長:副理事長 野村 武
沖縄支部
〒900-0012沖縄県那覇市泊3丁目16番地7-801号(株式会社アークジャパン沖縄支店内)
電話:098-943-7981 FAX:098-943-7984
支部長:理事 小幡 吉照

Contactお問い合わせ

YT.GLOBAL(ワイティーグローバル)へのお問い合わせは下記よりお願いいたします。